主夫のお小遣い儲け日記

無職男のコツコツお小遣い儲け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もう忘れていませんか?

10月に世界記憶遺産に、いわゆる『南京大虐殺』が登録された事を・・・

なぜいわゆると言うかというと、まったくのデタラメ、でっち上げの事件だからです。
考えても見てください。我々日本人が戦時中は、まるで鬼畜のような所業が出来たのでしょうか。
私には信じられません。

戦前の日本人は、『教育勅語』を暗記して言えるくらい、道徳心に満ちていたのです。
慰安婦問題といい、この南京事件の事といい戦前戦中の日本人、我々の先祖を侮辱していると思いませんか。
先祖を侮辱するという事は、日本人を侮辱していると言うことなのです。

戦後の日本は、GHQによる洗脳W.G.I.P.によって戦争犯罪史観を植え付けられた。
言い換えれば、戦前は『悪』で戦後は『平和』で『善』と言うことではないだろうか。

でも日本人は、昔も今も同じ土地に暮らす同じ人間ではないだろうか。
悪い事をすれば謝罪をし、助けて貰えばお礼を言う。
規則を守り、秩序を重んじる、世界中を探してもこれほどすばらしい民族はいないと思いませんか。

そんな人間が人を傷つける事を平気で出来るでしょうか?
戦争で負けた事だけで人はそこまで変われるでしょうか?
もう一度胸に手を当ててよく考えて見てください。

そこで南京事件の事に戻りますが、実は中国が提出した証拠には、第一次資料が一つもないんです。
日本にも、なかった事を証明する証拠がないのも事実ですが、あったとする証拠があまりにも胡散臭い物ばかりだという事を知ってください。
確実な証拠がない物は、事実と認めないで下さい。
日本の学者によって、世界記憶遺産に登録した資料の信憑性を検証しています。

我々日本人なら、なかった事を信じようではありませんか。
スポンサーサイト
[ 2015年11月10日 21:05 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

フリーエリア
trafficgear お小遣いJP
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。